THE MECHANISM OF RESEMBLING

§

Infromation

Date: June 8 (fri) – July 1 (sun). 2018
2018年6月8日(金) – 7月1日(日)
Hour: 12:00 – 19:00
Closed on Monday(月曜休廊)
Place: EUKARYOTE(ユーカリオ)
Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 3-41-3

Opening Reception

finished
Date: 2018.6.8(fri)18:00~20:00

Party

finished
Date: 2018.6.8(fri)20:00〜22:00
Fee: ¥3,000
PlaceCITRUS

Yasuo KOBAYASHI+CANCER

小林康夫+CANCER
Date: 2018.6.29(fri)20:00〜
Fee: ¥2,000(Student: ¥1,500, junior high school students and younger children are free)
Place: on Sundays(WATARI-UM Museum B1)
ワタリウム美術館地下
Guest: Yasuo KOBAYASHI(Modern philosophy, Studies of Culture and Representation)
小林康夫(現代哲学、表象文化論)
CANCER: Taichi HANAFUSA, Shingo ARUGA, Yugo SAITO, Yusuke Suga, Goro MURAYAMA, Houxo QUE
花房太一、有賀慎吾、斉藤有吾、須賀悠介、村山悟郎、Houxo Que

Tokyo Immoral Critic#6

finished
東京不道徳批評#6
Date: 2018.6.17(sun)19:00〜21:00
Fee: ¥1,000(おやつ付き)
Guest: Mare ISAKARI(Art Critic), Keisuke KATSUKI(Artist)
飯盛希(美術批評)、香月恵介(アーティスト)
CANCER: Taichi HANAFUSA,Houxo QUE
花房太一、Houxo Que

Tokyo Immoral Critic is the Art Critic Unit by Taichi HANAFUSA and Mare Isakari.
東京不道徳批評は美術批評家の花房太一と飯盛希が定期開催している美術時評です。
https://www.facebook.com/tokyoimmoralcritic/

Founder × Artist

・June 9 (sat) 19:00~ Shingo ARUGA ×Taichi HANAFUSA
6月9日(土)19:00~ 有賀慎吾×花房太一
finished
Archive Movie
・June 16 (sat) 19:00~ Yusuke SUGA ×Taichi HANAFUSA
6月16日(土)19:00~ 須賀悠介×花房太一
finished
Archive Movie
・June 22 (fri) 19:00~ Goro MURAYAMA ×Taichi HANAFUSA
6月22日(金)19:00~ 村山悟郎×花房太一
・June 23 (sat) 19:00~ Houxo Que ×Taichi HANAFUSA
6月23日(土)19:00~ Houxo Que×花房太一
・Julu 1 (sun) 19:00~ Nobuaki ITOH ×Taichi HANAFUSA
7月1日(日)19:00~ 伊東宣明×花房太一

Satellite Exhibition

斉藤有吾の斉藤有吾による斉藤有吾のためのCANCER展
Date: 2018.6.15(fri)~6.27(wed)
Fee: 1 Order
PlaceBar星男
時間、イベントなどの詳細は以下をご確認ください。
https://www.facebook.com/events/880624418804765/


EUKARYOTE is pleased to announce CANCER Exhibition, “THE MECHANISM OF RESEMBLING”, through June 8th to July 1st.

CANCER
CANCER is the art organization founded by Taichi Hanafusa with 5 artists, Shingo Aruga, Nobuaki Itoh, Yusuke Suga, Goro Murayam, Huxo Que, and Yugo Sito as a partner.
It is the first art organization in history to break Western fine art by Eastern body to architect new perspectives since the Renaissance. Many projects, such as “Palace in the Sky,” “(A) Room for Meditational Body” and “Tomb for the Arts” are in progress that will create another world different from this present world in addition to make traditional fine arts.
“THE MECHANISM OF RESEMBLING” is the first exhibition by CANCER.

.

EUKARYOTEでは6月8日(金)から7月1日(日)までの会期にて、CANCERによる「THE MECHANISM OF RESEMBLING」を開催いたします。

CANCER
2016年、美術批評家・花房太一の呼びかけで、アーティストの有賀慎吾、伊東宣明、須賀悠介、村山悟郎、Houxo Queと共に、パートナーに斉藤有吾を迎えて結成。
西洋のファイン・アートを東洋的身体によって突き崩し、ルネッサンス以来の新たなパースペクティブを獲得することを目指す、歴史上初のアート・オーガニゼーション。旧来のファイン・アートを制作するだけでなく、皇居ラピュタ化計画、古墳プロジェクトなど、いまある世界とは別の世界を創造するプロジェクトが多数進行中。
本展覧会”THE MECHANISM OF RESEMBLING”が初の展示となる。

.

Statement

THE MECANISM OF RESEMBLING

There are three in the world. Same, Different and Resembling.

Shusaku ARAKAWA

Humans, ever since being human beings, have produced a work of art. They continued to desire the same form which is called a works of art.  And they carved the history by the difference of contingency which inevitably occurs in between them. So, we had to continue to fight on the difference between the same work of art. However, we is prohibited such a barren disputes now and here.

The problem is that this picture is resembling to that picture, and that sculpture is not resembling this sculpture. In other words, it is the only problem that this world is resembling to that world.

Our world is resembling to the art of Renaissance. There is that perspective in our world, and our space is resembling to that color. In other words, our world is resembling to this world.

Why you can be sure this resembling. Because our bodies are resembling to the human’s who started making the work of art. Thus, that human is resembling and have being resembling to me.

However, how is resembling? After all, the mystery is the one. Anyway and anywhere, our work is for this body and that body. For the resembling of inevitable body occur in between them.

Our skin as a surface is resembling to the form of the relief which is carved from the natural rock (Yusuke Suga). If our skin which is disguised our body form is the forth surface that follows the gas, the liquid and the individual, put in this body in between the blinking of the fifth surface whici appears in this modern age (Houxo Que). Its color refuse to be picked up by the spectrum which is visualised the particles (Shingo Aruga). In the interior of that color, non sensitive world grows wild witout input and output (Goro Murayama). The Big Bang of that world would like to be resembling this sound of pulse that surprise us every morning (Nobuaki Ito). However, that’s nothing to be compared to what I love you(Saito Yugo).

We will inverts the perspective to building a new body. Of course, our attempt will be mistaken. However, this is not just a failure. It will be the great mistake for this and that the world (Taichi Hanafusa).

I should have liked to produce a good book. This has not come about, but the time is past in which I could improve it.

Wittgenstein


世界には3つしかない。同じ、違う、似ている。

荒川修作

人間は、人間になって以来、ずっと芸術作品を制作してきた。芸術作品と呼ばれる、同じ形のものを欲望しつづけてきた。そして、それらのあいだに必然的に生じる偶然の違いによって、歴史を刻んできた。だから、わたしたちは同じ芸術作品同士の違いをめぐって争い続けることになった。しかし、わたしたちは、そんな不毛な争いを、いまここで、禁止する。

問題は、この絵があの絵と似ていることであり、あの彫刻がこの彫刻と似ていないことだ。つまり、この世界があの世界と似ていることだけが問題なのだ。

わたしたちの世界は、あのルネッサンスの芸術と似ている。わたしたちの世界にはパースペクティブがあり、わたしたちの空間はあの色に似ている。つまり、わたしたちの世界はこの世界に似ている。

なぜ、この類似性を確信できるのか。それはわたしたちの身体が、あの芸術を創り始めた人間たちと似ているからだ。だから、あの人はわたしに似ているし、ずっと似ていた。

しかし、似ているとは、どういうことか。結局のところ、謎はひとつなのだ。とりあえずのところ、目下わたしたちの作業はこの身体と、あの身体に向けられる。そのあいだに偶然に生じる、必然的な身体の類似性に。

さて、わたしたちの皮膚という界面は、自然の岩石から彫り出されるレリーフの形と似ている(須賀悠介)。わたしたちの身体のフォームを仮装する皮膚が、気体と液体と個体のあいだに生じる界面に続く第4の界面なら、現代に出現した第5の界面の明滅のあいだにこの身体を差し挟もう(Houxo Que)。その色は、素粒子を可視化する光のスペクトルに回収されることを拒む(有賀慎吾)。あの色の内部では、わたしたちの全く感知しない世界が、インプットもアウトプットもなくただ自生している(村山悟郎)。あの世界のビッグバンも、きっとわたしたちを毎朝驚かせるこのパルスの音に似ているだろう(伊東宣明)。しかし、わたしがあなたを愛していることに比べれば、そんなことはどうでもよいことだ(斉藤有吾)。

わたしたちは、パースペクティブを反転し、新たな身体を建築する。もちろん、わたしたちの試みは失敗するだろう。しかし、これは単なる失敗ではない。この世界とあの世界のための、大いなる失敗だ。(花房太一)

いい本を作りたかった。けれどもそうならなかった。だが私には手を入れる時間が、もうない。

ヴィトゲンシュタイン